HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

関電、2050年「ゼロカーボン」を宣言 需要側・供給側・水素を柱に推進

2021年3月3日

クリックで拡大します
(出所:関西電力)

関西電力(大阪府大阪市)グループは2月26日、「ゼロカーボンビジョン2050」を策定・公表し、発電事業をはじめとする事業活動に伴うCO2排出を2050年までに全体としてゼロとすると宣言した。

目標実現に向けた取り組みの柱として、「デマンドサイド(需要側)のゼロカーボン化」、「サプライサイド(供給側)のゼロカーボン化」、「水素社会への挑戦」の3つをあげた。

また、同ビジョンでは「関西電力グループが考える2050年のエネルギーシステム」を提示。脱炭素化・分散化・デジタル化と電化が劇的に進展し、デマンドサイドのエネルギー利用は「電気」と「水素」に集約されていくとともに、エネルギーシステムは分散化・多様化すると示した。さらにデマンドサイドのエネルギー供給はゼロカーボン化させる一方で、エネルギー利用者自身がエネルギー供給も行うなどデマンドサイドの役割が拡大するとみている。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

蓄電池、太陽光発電、オール電化の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

ECO信頼サービス求人採用映像



業界最新ニュース!
蓄電池・太陽光・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る