HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

新型コロナで家庭の光熱費負担は4.4%増加、エネルギー消費は3.7%増に

2020年12月2日

シンクタンクの住環境計画研究所が、家庭のエネルギー消費に関する分析結果を公表。2020年7~9月のエネルギー消費は前年同期比で3.7%増加、実質光熱費は4.4%増加したという。新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大の影響により、外出を控えるようになったことが影響した可能性があるとしている。

シンクタンクの住環境計画研究所は2020年11月27日、家庭のエネルギー消費に関する分析結果を公表。2020年7~9月の世帯当たりのエネルギー消費は前年同期比で3.7%増加、実質光熱費は4.4%増加したという。新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大の影響により、外出を控えるようになったことが影響した可能性があるとしている。

今回の調査は。 務省統計局の家計調査(2人以上の世帯)結果をもとに、新型コロナウイルスの感染拡大およびその防止に伴う家庭のエネルギー消費への影響を分析したもの。今回は2020年7~9月四半期のデータを分析した結果となる。

同時期に1世帯当たりの電気・都市ガス・プロパンガス・灯油を合計したエネルギー消費量全国平均で6.30GJ(ギガジュール)で、2019年同期間6.08GJから0.22GJ増加(3.7%増)となった。そのうち電気の消費量は3.90GJで、2019年の3.71GJから0.19GJ増加(5.1%増)した。

家庭のエネルギー消費量(電気・ガス・灯油の合計)の前年同期間比較 出典:住環境計画研究所

昨年にあたる2019年同期のエネルギー消費量は、2018年同期と比べ0.24GJ減少(3.9%減)だったが、その主要因は気温の影響と考えられる。一方、2020年同期のエネルギー消費量は2018年同期と同水準であるものの、気温の影響は2018年と2019年の中間程度の水準に留まっている。このことから、2020年同期のエネルギー消費量の増加は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛の影響が主要因になっている可能性があるとしている。

光熱費の負担も増加

調査では、2020年同期の2人以上世帯あたりの電気・都市ガス・プロパンガス・灯油の支払金額(光熱費)についても報告している。光熱費の全国平均4万563円で、2019年同期の3万9917円から646円の増加(1.6%増)となった。エネルギー価格変動の影響を考慮した実質増減率では、2020年は1756円の増加(4.4%増)となっている。

家庭の光熱費を比較したグラフ 出典:住環境計画研究所

なお、光熱費が消費支出に占める割合は、2019年の4.5%から2020年は5.0%と、0.5ポイント増に。これは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う消費支出の大幅な減少(8.1%減)により、光熱費が占める割合が相対的に増加したためと分析している。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

蓄電池、太陽光発電、オール電化の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

ECO信頼サービス求人採用映像



業界最新ニュース!
蓄電池・太陽光・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る