HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

太陽電池の国内出荷量は22%の大幅減に――2020年度第2四半期

2020年12月3日

太陽光発電協会(JPEA)が2020年度第2四半期(2020年7月~9月)における太陽電池の国内出荷統計データを公表した。太陽電池モジュールの国内総出荷は1276MWで、前年同期比に比べて22%減となり、大幅に減少した。

太陽光発電協会(JPEA)は2020年11月27日、2020年度第2四半期(2020年7月~9月)における太陽電池の国内出荷統計データを公表した。太陽電池モジュールの国内総出荷は1276MWで、前年同期比に比べて22%減となり、大幅に減少した。

同期の総出荷量を用途別みると、住宅用途が219MW(前年同期比18%減)、非住宅用途が1057MW(同22%減)となった。全体の8割を占める非住宅用途の内訳は、売電を目的とした出力500kW以上の「発電事業用途」が749MW(前年同期比15%減)、オフィスや工場・公共施設など(出力500kW未満の地上設置を含む)の「一般事業用途」は308MW(同35%減)となっている。

国内出荷量を日本・外国企業別にみると、日本企業は488MW(同34%減)、外国企業は788MW(同11%減)。用途別でみると「住宅用途」は、日本企業が161MW(同21%減)、外国企業が58MW(同8%減)、「発電事業用途」は日本企業が227MW(同32%減)、外国企業が522MW(同5%減)、「一般事業用途」は、日本企業が100MW(同51%減)、外国企業が208MW(同23%減)で、日本企業の落ち込みが大きくなる結果となった。

なお、国外も含めた総出荷量は1342MWで、こちらも前年同期比で22%減少となった。海外出荷は前年同期比37%減の66MWとなっている。日本企業/外国企業の総出荷量比率は41:59、国内生産/海外生産の比は15:85で、2020年度第1四半期に比べ海外生産比率は減少した。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

蓄電池、太陽光発電、オール電化の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

ECO信頼サービス求人採用映像



業界最新ニュース!
蓄電池・太陽光・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る