HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

TMEIC、中国の太陽光パネル工場向けに電極接合装置を受注

2017年4月19日

東芝三菱電機産業システム(TMEIC)は4月19日、中国の太陽光パネルメーカー、Triumph PV Materials社向けに、電極接合装置「TMBBM」を3台受注したと発表した。

Triumph PV Materials社は、CIGS化合物型太陽光パネルの製造ラインに同装置を導入する。同社は、中国の総合建築材料グループである中国建築材料集団有限公司傘下の太陽光パネルメーカー。

今回、受注した「TMBBM」は、太陽電池のガラス基板にアルミリボンなどの電極を直接接合する装置。TMEIC独自の「超音波接合技術」を適用したのが特徴という。従来、電極を基板に接合するためには、はんだやペーストなどの接合材料を使用するのが一般的だったのに対し、同装置では、超音波により直接、接合するため、接合材料が不要となり、太陽電池の配線工程の製造コストを約半減できるという。

「直接接合」により接触抵抗が低減するため、接合安定性が向上する利点もあるという。加えて、常温接合のため、基板や下地層への熱ダメージがないなど、従来プロセスに比べ環境負荷を低減できるという。

Triumph PV Materials社は、中国安徽省蚌埠市に世界最大級のCIGS太陽光パネル工場を建設している。同工場は、全体で年産1.5GWの生産規模を計画しており、現在、その第一期となる300MW分の製造ラインを建設している。TMEIC製の電極接合装置は今年10月に稼働する予定という。

また、Triumph PV Materials社は、中国江蘇省江陰市にも新工場を建設しており、TMEIC製の電極接合装置は、江陰市の新工場にも導入される予定という。

今回、TMEICは、三星ダイヤモンド工業と共にパターニングから電極接合までの連続工程を一貫して請け負った。それにより、太陽電池の品質確保や歩留まり改善、生産ライン建設時に垂直立上げの可能な体制を構築したとしている。同プロジェクトで日本企業として採用されたサプライヤーはTMEICと三星ダイヤモンド工業だけという。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る