HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

TMEIC、インドに新工場を稼働、太陽光向けパワコンを増産 パワーエレクトロニクス製品で2020年に220億円の販売目指す

2017年9月27日

東芝三菱電機産業システム(TMEIC)は、インド・カルナタカ州ベンガルールにパワーエレクロニクス関連製品の新工場を建設し、9月25日に落成式を開催した。メガソーラー(大規模太陽光発電所)向けのパワーコンディショナー(PCS)のほか、無停電電源装置(UPS)、高圧モータードライブ装置を主力製品として生産する。

新工場は、ベンガルール近郊のトムクール地区にある工業団地に建設した。約 1万2000m2の延床面積を有する工場建屋を新設し、10 月から全面稼働する。TMEICの太陽光向けPCSの工場としては、最大クラスの生産拠点となる。

TMEICグループでは、現地法人である TMEIC Industrial Systems India Private Limited がインドでの事業を運営している。太陽光向けPCSについては、2014年4月にオランダ・AEG Power Solutions社のインド法人を買収し、AEG社の工場設備を活用し、太陽光向けPCSを生産してきた。また、モーターについては、2016年2月にベンガルールのトムクール地区に工場を建設し、すでに稼働している。

旧AEG社の工場で生産し、インド国内向けに販売するPCSの出荷が好調に推移している。そこで、今回、モーター工場の隣接地を借り増して新工場を建設し、PCSの生産を旧工場から移管・増産するとともに、UPSとモータードライブ装置の現地生産も開始する。

新工場で生産する太陽光向けPCSは、定格出力1MW機と2.55MW機となる。TMEICは従来、インド向けに1MW機を主力としてきたが、新工場の稼働を機に2.55MW機の現地生産に乗り出す。同機種は直流1500V対応の最新機種で、日本国内でも今春に投入したばかりだ。

TMEICは、2016年度にインド国内向けに約1.15GW分の太陽光向けPCSを出荷しており、パワーエレクトロニクス製品全体での同年度売上高は、約28億インドルピー(約45億円)となった。同社では、今後3年でインド国内での売上高を2倍以上に伸ばし、2020年度には約220億円に拡大させる目標を掲げている。

新設したパワーエレクトロニクス工場と隣接するモーター工場では、既に合わせて約 330人が働いている。今後 2 年間で約 500人に雇用を増大する。

25日に開かれた落成式では、平松賢司・駐インド大使、カルナタカ州政府関係者のほか、工場の従業員、パワーエレクトロニクス製品の納入先など、約500人が参加した。

新工場建屋の屋根上には、出力930kWの太陽光パネルを設置し、自家消費するとともに余剰分を電力系統に供給している。来春には蓄電池システムとそれを制御する「TMBCS(TMEIC蓄電池コントロールシステム)」を導入し、太陽光と蓄電池を統合制御する「エネルギー循環型工場」の実証モデルとして運用していく計画だ。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る