HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

PHV・蓄電池で再エネの地産地消を目指す、トヨタ・中電などが実証開始

2017年6月4日

エネルギーマネジメント技術で仮想発電所を構築
中部電力株式会社、デンソー、トヨタ自動車およびトヨタタービンアンドシステムの4社は6月1日、豊田市と共同で、「バーチャルパワープラント(VPP)」を構築するプロジェクトを開始したと発表した。

VPPは、電力の供給に合わせて家庭や企業の需要等を制御することにより、さまざまなエネルギーリソースをあたかもひとつの「仮想発電所」のように機能させる技術。風力・太陽光・バイオマスといった再生可能エネルギーは天候等により変化するが、これに対応するエネルギーマネジメント技術として注目を集めている。

「環境モデル都市」の豊田市で再エネの地産地消を
同プロジェクトは、環境モデル都市である同市において、再生可能エネルギーの地産地消を実現するのが目的だ。

なお、同市は2030年までに1990年比でCO2を30%削減するアクションプランを掲げ、地域の低炭素化に向けた取り組みを進めている。2016年10月には、「豊田市つながる社会実証推進協議会」を企業と連携して発足。「再生可能エネルギーの地産地消」は同協議会のテーマのひとつだ。

PHVや蓄電池をICTで制御
同プロジェクトでは、家庭や企業が所有するプラグインハイブリッド車(PHV)やヒートポンプ給湯機、蓄電池などを活用する。

これらのエネルギーリソースを情報通信技術(ICT)によって連携し、PHVの充電時間や蓄電池の充放電を制御することなどによって、再生可能エネルギーによる電力供給に合わせて需要等を調整。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る