HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

業界最新ニュース!

2019年4月26日

経産省がFIT「抜本見直し」の検討開始、「市場との統合」も論点に

経済産業省・資源エネルギー庁は4月22日、再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会を3カ月ぶりに開催した。固定価格買取制度(FIT)の抜本的な見直しを含めた、再エネ政策の今後のあり方について検討を始めた。

 同委員会は今年1月に開催し、FIT枠組みを基本とした再エネ政策の課題と方向性について取りまとめた。今回の会合は、FIT法で定められている「2021年3月31日まで」の「抜本見直し」のあり方を含め、より長期的な視点で再エネ政策を再構築するのが目的。

 事務局(経産省)では、検討のフレームワークとして、(1)電源の特性に応じた制度のあり方、(2)適正な事業規律、(3)次世代電力ネットワークへの転換――を掲げた。

 太陽光に関しては、(1)の「電源特性に応じた制度にあり方」として、「ポストFIT」の政策手法が最大のテーマになる。事務局は、検討のための資料に、再エネに関する主な制度として、「FIP(フィード・イン・プレミアム)」、「CfD(Contracts for Difference:差金決済契約制度)」など、市場取引をベースにした再エネ支援の仕組みを紹介した。

再エネ推進策の主な政策手法の例 (出所:経済産業省)[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、事務局は、現在のFITによる再エネ支援を「電力市場から半ば隔離された状況」と表現し、「再エネの電力市場への統合」を今後の論点の1つとした。

 こうした事務局の問題意識を受け、委員からは、「市場価格と連動した価格で再エネを買い取るFIPなどは、今後の方向性に1つ」など、前向きな意見が目立った。

 また、「電力市場への統合」では、現在、「FITインバランス特例」により再エネ発電事業者がインバランス(需給予測の外れ)リスクを負っていない点についても、今後の論点とした。将来、再エネ電源へのインバランス特例が廃止された場合、各事業者が発電量を予測し、外れた場合、コスト負担が発生する可能性があり、影響が大きい。

次ページ
事業用低圧案件の再投資を促す

 

記事内容へ

 


2019年4月25日

福島県の「Jヴィレッジ」、ソーラー充電スタンドを6台導入

Jヴィレッジ内に設置したソーラー充電スタンド (出所:シャープ) [画像のクリックで拡大表示]

 シャープ製の「ソーラー充電スタンド」6台が福島県楢葉町にある大型スポーツ施設「Jヴィレッジ」に設置され、4月1日から運用を開始した。同施設を訪れるスポーツ選手や顧客など、誰でも無料で利用できる。

 Jヴィレッジは、全11面の屋内外サッカー場やフィットネスジム、プール、宿泊・研修施設などを備える。2011年3月の東日本大震災発生後、福島第一原発事故収束の対応拠点として営業を休止していたが、2019年4月に全面的に営業を再開したのに伴い、ソーラー充電スタンドを含む太陽光や風力発電などの再生可能エネルギー設備を新たに導入した。

 シャープ製ソーラー充電スタンド「LN-CA2A」は、系統線に接続しなくても設置できる独立型の携帯電話・スマートフォンの充電ステーション。同社の高効率太陽光パネル「BLACKSOLAR」2枚(出力184kW以上)と蓄電池、4台分の充電ボックスを備え、蓄電池の満充電状態で約60台分を充電できる。日照量の少ない日や夜間でも利用可能で、日没後にはLED照明が自動で点灯する。

 シャープによると、これまでに東京都世田谷区「烏山区民センター前広場」、神戸市「メリケンパーク」、東京都狛江市「緑の三角ひろば」、香川県丸亀市「丸亀市総合運動公園 まるみらい広場」などへの導入実績があるという(関連記事:シャープ製「ソーラー充電スタンド」、丸亀市の公園内に設置)。

この記事の目次へ戻る

 

記事内容へ

 


1 / 49112345...102030...最後 »

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

蓄電池、太陽光、オール電化の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

ページのトップへ戻る