ABB、メガソーラー向け1.8MWのパワコンを日本に投入 | (株)成功コンサルタント
HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

ABB、メガソーラー向け1.8MWのパワコンを日本に投入

2018年5月14日

ABB(東京都品川区)は、国内のメガソーラー(大規模太陽光発電所)向けパワーコンディショナー(PCS)として単機で最大1.8MWまで対応できる大容量タイプを発売する。直流(DC)側の入力は1000Vに対応する。

「PVS800」シリーズの「PVS800-57B」で、5月から販売開始する。出力当たりの体積と接地面積の両方でコンパクトになり、現地での設置スペースと輸送コストを削減できる。従来のPVS800シリーズと比較して約50%高いエネルギー密度を実現した。

夜間にDC入力側を切り離すなど、有効電力と無効電力を制御して電力系統の安定化をサポートする機能を標準装備する。

ミラー配置も可能なモジュール式キャビネットを採用し、屋外収納盤やコンテナの設計、接続箱や昇圧変圧器など、BOS(Balance of System)とのレイアウト調整に柔軟に対応する。標準で16個のPVヒューズ付き入力回路を備え、オプションで24個まで拡張可能。各入力回路の電流監視システムも追加できる。

定格出力1700kWの「PVS800-57B-1645kW-C」と、1801kWの「PVS800-57B-1732kW-C」の2つの型式をラインアップした。動作温度範囲は60度(45度以上で出力制限)で、25度で約15%の過負荷能力を持つ。

日本国内のメガソーラー市場は、固定価格買取制度(FIT)の売電単価の低下に伴い、新規案件の大規模化が進んでおり、PCSの大容量化により、出力当たりの設備コストを下げる動きが活発になっている。すでに東芝三菱電機産業システム(TMEIC)は、2.5MW機を国内向けに投入しており、こちらはDC1500V入力に対応している(関連記事)。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る