HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

2030年の再生可能エネルギーの目標割合を22%に

2020年2月2日

チェコ政府は1月13日、「国家エネルギー・気候計画」を承認した。これは欧州議会・EU理事会規則「EU域内のエネルギー共同体のガバナンスに関する規則」(2018年7月2日記事参照)により、EUへの提出が義務付けられているもので、エネルギー効率化や温室効果ガス排出削減、再生可能エネルギーなどに関するチェコの目標、政策を定めている。

このうち、再生可能エネルギーに関しては、最終消費エネルギー総量に占める割合を、2030年までに22%とすることを定めている(表1参照)。チェコ産業貿易省は、当初2030年までの達成目標値として20.8%を掲げていたが、EUは23%を提案していた。このため、「EUの目標を鑑み、22%に引き上げた」と、カレル・ハブリーチェック産業貿易相は説明している。

表1 最終消費エネルギー総量に占める再生可能エネルギーの割合(実績・計画)

再生可能エネルギーの達成目標を種類別にみると、太陽光発電、および風力発電の増加に重点が置かれていることが分かる。特に現在、再生可能エネルギーの全出力の50%弱を占める太陽光発電は、年間出力を2016年の2,068メガワット(MW)から2030年には3,975MWに増やし、再生可能エネルギー全体に占める割合を57.0%に引き上げることが定められている(表2参照)。また、風力発電は、出力を2016年の282MWから2030年にはその3倍超の970MWに増やし、再生可能エネルギー全体に占める割合を6.7%から13.9%に引き上げることが記されている。

表2 再生可能エネルギー種類別の出力(実績・計画)

温室効果ガス排出量に関しては、チェコは2016年までに1990年比35%、2005年比で15%削減している。今後の目標としては、2030年までに2005年比で30%削減することを掲げている。

計画の中では、目標達成の手段として、原子力発電に言及している。原子力発電の全発電量に対する割合は現在約29%だが、現在のエネルギー政策では2040年までに46~58%に引き上げることが目標として定められている。

チェコは原子力発電をクリーンエネルギーと捉えており、2050年までに気候中立達成を目指すEUの計画に関して、EUが原子力発電をその手段として認めることを求めている。

バビシュ首相は、2019年12月12日のEU首脳会議で、「チェコが気候中立を達成するためには、原子力発電に基づくエネルギーミックスが不可欠だ。経済状況や自然環境は国により異なるため、これを尊重する必要がある」と主張していた。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

蓄電池、太陽光発電、オール電化の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

ECO信頼サービス求人採用映像



業界最新ニュース!
蓄電池・太陽光・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る