HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

2016年、電力の販売総額は1兆1800億円 うち新電力は902億円(約7.6%)

2017年1月1日

電力・ガス取引監視等委員会は26日、2016年9月における電気事業者の販売電力量・販売額、小売電気事業者の契約口数、低圧の電力購入先を変更したスイッチング件数についてまとめた、電力取引報結果(速報)を公表した。

これによると、9月における新電力のシェアは、販売電力量では約7.7%、販売額では約7.6%、契約口数では約2%だった。このうち、照明や家庭用電気機器などの低圧電灯のシェアは、販売電力量・販売額でそれぞれ2.7%、契約口数で1.9%、工場等で使用する動力向けの低圧電力のシェアは、販売電力量・販売額でそれぞれ1.2%、契約口数では0.8%だった。

大手電力の低圧に占める自由料金メニューの割合増加
9月における電気事業者の販売電力量の総量は747.7億kWhであった。内訳は、特別高圧が200.2億kWh、高圧が284.4億kWh、低圧電灯が226.6億kWh、低圧電力が35.2億kWh。

このうち、新電力の販売電力量の総計は57.7億kWhでシェアは約7.7%。内訳は特別高圧12.1億kWh(シェア6.0%)、高圧38.9億kWh(同13.7%)、低圧電灯6.0億kWh(同2.7%)、低圧電力0.4億kWh(同1.2%)となっている。

また、東京電力エナジーパートナーや関西電力などみなし小売電気事業者(旧一般電気事業者)10社の販売電力量(低圧)に占める自由料金メニューの平均割合は、低圧電灯で約25.8%、低圧電力で約13.9%。全体として、販売電力量(低圧)に占める自由料金メニューの割合は、低圧電灯で約27.9%、低圧電力で約15.2%となっている。8月末比で、それぞれ約0.6ポイント、約3.5ポイント増えている。

電気の販売総額は1兆1872.4億円
9月における電気事業者の販売額の総額は1兆1872.4億円だった。内訳は特別高圧2,176.1億円、高圧4,206.9億円、低圧電灯4,700.3億円、低圧電力789.0億円。

このうち、新電力の販売額の総額は902.2億円でシェアは約7.6%。内訳は特別高圧が156.3億円(シェア7.2%)、高圧が611.7億円(同14.5%)、低圧電灯が124.8億円(同2.7%)、低圧電力が9.3億円(同1.2%)であった。また、みなし小売電気事業者10社の販売額(低圧)に占める自由料金メニューの平均割合は、低圧電灯で約22.3%、低圧電力で約13.0%となっている。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る