HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

1MWhの蓄電池を併設した徳之島のメガソ

2017年4月22日

メガソーラー中央に7つの箱

鹿児島の南南西約500kmに位置する徳之島は、奄美群島に属する離島の1つで、琉球と薩摩の両方から影響を受けた歴史や独自の文化を持つ。農業が盛んで、奄美群島の中で最も多くサトウキビが生産されている。春に作付けし、約1年後に人の背丈以上に伸びた茎を収穫する。

毎年3~4月には、島の至るところで、刈り取ったサトウキビの茎をいっぱいに詰めた、大きな袋が並ぶ(図1)。そんな収穫の春、真っ只中の3月28日、同島西部の天城町に、出力2.6MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)が稼動し、竣工式が開催された。
図1●徳之島は奄美群島のなかでも最もサトウキビ栽培が盛ん
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
緩やかな斜面にある元ミニゴルフ場の跡地を活用し、大規模な造成をせずに太陽光発電所を建設した。道を挟み、東西に分かれた2つのエリアに、9614枚のパネルを設置した。加えて、山側エリアの端には、7つもの白い箱(筐体=エンクロージャー)が並んで設置され、その中央に高圧連系設備が据え付けられている。

稼働した発電所は、太陽光発電設備のほか、蓄電池を併設している。7つの筐体のうち、4つには蓄電池システム、3つには太陽光パネル用のパワーコンディショナー(PCS)が収納されている。蓄電池の容量は合計で1029kWh(1.029MWh)、それを定格出力2000kW(2MW)の双方向型PCS(定格500kW機・4台)で充放電している(図2)。
図2●蓄電池システムを収納した4つの筐体が並ぶ
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
NEXT ≫ 急峻な出力変動を蓄電池で平滑化

1 2 3 4 5 次のページへ >

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る