HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

12の予測は光と影、2035年のエネルギー(2) (1/6)

2017年2月5日

英国の国際石油資本BPが2035年までの世界のエネルギー動向を予測した「BP Energy Outlook 2017 edition」。前回に引き続き、今回は再生可能エネルギーや電力、二酸化炭素排出量などについて、4つの予測を紹介する。

英国の国際石油資本BPが発表した「BP Energy Outlook 2017 edition(Outlook)」では、エネルギー市場の需給状況や地域別の変化、エネルギー源ごとの成長を2035年まで予測している。

前回は世界の経済成長と、化石燃料の動向の予測を8点紹介した。今回は再生可能エネルギーと電力、二酸化炭素排出量の将来について4つの予測を示す。過去の版のOutlookの予測と今回の版の予測も比較した。

最も成長が早い再生可能エネルギー

【予測9】再生可能エネルギーは全てのエネルギー源のうちで最も成長率が高い。2035年までに4倍に成長する
今後20年間、再生可能エネルギー*1)の年平均増加率は7.1%だとBPは予測している。2035年には一次エネルギーの10%を担うまで成長し(2015年は3%)、3種類の化石燃料に次ぐ第4の地位を占める(図1)。

*1) Outlookで再生可能エネルギーに分類されているのは、風力発電、太陽光発電、地熱発電、バイオマス発電、バイオ(液体)燃料の5つ。水力発電を含んでいない。

主な用途は発電

再生可能エネルギーは発電部門で主に利用される。2035年までに増設される発電所の発電量(石油換算トン)のうち、再生可能エネルギーの比率は40%に上る。発電部門における再生可能エネルギーの年平均増加率は7.6%だ。

その結果、発電部門に占める再生可能エネルギーの比率は2015年の7%から、2035年には20%へと伸びる*2)。この傾向はEU(欧州連合)において強く、2035年には発電量のうち約40%をまかなう(図2)。

意外なことに、発電量に占める再生可能エネルギーの比率の変化の様子は、2035年まで全世界平均と中国、米国がほぼ同じ軌跡をたどる。

ただし、全世界で増設される再生可能エネルギーを用いた発電設備が、どの地域に分布するかを見ると、多少様相が異なる(図2右)。過去20年間はEUがほぼ40%を占めていたが、今後20年間は中国が40%近くを占める。これは中国における発電設備の増設量が大きいからだ。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る