HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

NTT 電話局などに蓄電池設置へ 災害時に近隣病院などに供給

2019年11月12日

NTTグループは、来年度から全国の自社ビルに蓄電池を設置し、災害で停電が起きた際に、近隣の病院などに電力を供給する体制を整えることになりました。

NTTによりますと、全国におよそ7300か所ある電話局などの自社ビルにエネルギー事業を担う子会社が来年度から2025年度にかけて蓄電池を配備していくということです。

固定電話の利用が減り、交換機などが少なくなったことで生まれた空きスペースを活用する方針で、2025年度までに合わせて120万キロワットアワーを備える計画です。

そして、災害などで停電が起きた際に近隣の病院や工場、それに公共施設に電力を供給できるようにし、必要な送電網も整えるということです。

外部に電力を供給する際の料金など、詳しいことは今後検討することにしています。

NTTグループでは、太陽光やバイオマス発電、それに地熱発電といった再生可能エネルギー事業も強化する方針で、蓄電池の整備も含めて、年間1000億円、総額で6000億円を投じる計画です。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
蓄電池・太陽光・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る