HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

GPIが国内最大の風力発電所着工 9万世帯分

2017年12月3日

風力発電所の開発を手掛けるグリーンパワーインベストメント(GPI、東京・港)は2日、青森県つがる市で「ウインドファームつがる」の建設を始めた。総出力は12万1600キロワットで日本最大となる。2020年5月に完成する予定。北海道や東北などで今後も大規模発電所を開発し、10年後に合計出力100万キロワットを目指す。

ウインドファームつがるは米ゼネラル・エレクトリック(GE)製の3200キロワットの風力発電機を38基設置。発電規模は一般家庭約9万世帯分に相当する。総事業費は約400億円。中部電力グループのシーテックなどが三重県で稼働させている発電所(出力約8万キロワット)を上回り、国内最大の風力発電所となる。

「ウインドファームつがる」は15年に着工する予定だったが、環境影響評価(アセスメント)や農業規制の影響で遅れていた。旧トーメン(現豊田通商)出身で、風力発電を日本に持ち込んだ人として知られる堀俊夫氏が2004年、GPIを創業した。太陽光も含めて合計11万キロワットの発電所を運営しており、北海道・石狩湾では約10万キロワットの洋上風力も計画している。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る