HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

18エジプト大統領選/下 「1億人」時代の経済 エネルギー確保カギ

2018年3月27日

渋滞の列が途切れないカイロ市内。人口爆発時代を支えるエジプトの経済再建は大統領選の焦点の一つだ=カイロで2017年4月1日、篠田航一撮影

 エジプト大統領選を約1カ月後に控えた2月中旬、ある取引が話題になった。イスラエルと米国の企業が、エジプト企業に天然ガスを供給することで合意したのだ。イスラエル沖のガス田から10年にわたり640億立方メートルがエジプトにもたらされる。150億ドル(約1兆6000億円)規模の巨額案件だ。

 20世紀の中東戦争で何度も戦火を交えたイスラエルとのガス取引は、エジプト内政での火種になってきた。「革命」とも呼ばれる2011年の民主化要求運動「アラブの春」で追放されたムバラク大統領(当時)は失脚前、イスラエルへの天然ガス売却が国民に非難されていた。地元紙によるとシシ大統領は今年2月、「合意について隠すことは何もない」と語った。

 大統領選が近づくなか政治リスク含みの取引をエジプト当局が許容した背景は何か。「爆発的な人口増加だ。エジプトは今後、多角的にエネルギー源を確保する必要に迫られている」。カイロ・アメリカン大学のタレク・セリム教授(エネルギー経済)はそう解説する。エジプトの人口は昨年、1億人を超えたと報じられた。00年当時は7000万人とされており、今世紀の人口増加は著しい。

 革命の混乱もあり、巨大人口を支えるインフラ整備が追いつかない面もある。記者が住むカイロのアパートも停電や断水が相次ぐ。エレベーターが止まれば6階の自分の部屋まで階段を上り下りし、すれ違う他の住人と「いい運動になるね」と笑い合う日々だ。

 雨が少なく、日照時間が長いエジプトでは、19年までに世界最大級の太陽光発電所が南部アスワン近郊で稼働する予定だ。エジプトの電源構成は天然ガスなどによる火力発電がほぼ9割を占め、太陽光などの再生可能エネルギーは2%前後だが、政府は将来的に2割を再生エネでまかなう方針とされる。エジプトは1日1・9ドル(約200円)以下で暮らす貧困層が革命前の10年の25・2%から15年には27・8%に増えたが、エネルギー産業の発展は「巨大人口をカバーし、経済発展にもつながる」(セリム教授)という。

 南部の遺跡都市ルクソール。タクシー運転手のアフマドさん(52)は話す。「革命後、観光客は戻っていない。稼ぎが1カ月で2000エジプトポンド(約1万2000円)あればいい方だ」。大統領選後の新政権には、「人口1億人時代」に突入した経済の再建が大きな課題となる。【カイロ篠田航一】

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る