首を傾けギリギリまでゴーカートのような草刈機で除草、みやま市のメガソーラー | (株)成功コンサルタント
HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

首を傾けギリギリまでゴーカートのような草刈機で除草、みやま市のメガソーラー

2017年8月16日

とくに雑草が育ちやすい場所の一つが、農地の近くに開発されたメガソーラーとなる。農地に適しているのは、肥沃な土地で、日射に恵まれること。豊富な日射量は、太陽光発電にとっても魅力になるとともに、周辺の土地が肥沃であることが多いことから、雑草が根付きやすく、繁茂しやすい。

現在、国内のメガソーラーで多く採用されている雑草対策が、草刈りである。雑草が一定以上に伸びた頃に刈ることを、定期的に繰り返す。冬の間は、雑草が枯れていることが多いので、春から秋にかけて、年に2~3回、実施している場合が多い。

草刈りは、面積が広くなるほど、作業者の身体的な負担が大きくなる。しかも、雑草が伸びやすいのは、夏の高温多湿な時期である。こうした時期の日中の作業となることで、さらに身体的な負担が増す。

こうした草刈りの作業負担を軽減し、かつ効率化する手法として、乗用型草刈機の活用が広がってきている。ゴーカートのような小型の4輪車に乗って、敷地内を運転して回ることで、椅子の下にある回転刃が、雑草を刈り込んでいく。

従来、一般的だった刈払機に比べ、歩き回って体を左右に振る動作がないため、作業そのものの身体的な負担が減る。面積あたりの除草時間が短いために、作業時間も短縮できる。

今回、九州の田んぼの隣に立地するメガソーラーにおいて、乗用型草刈機を使った上、発電設備の工夫によって、さらに作業を効率化した事例(図1)。

図1●出力約1.86MWの「みやま高田発電所」における草刈り
2台の乗用型草刈機などで刈っていた(出所:日経BP)

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る