HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

電力42社、16年度CO2排出量2.4%減 原発再稼働で

2017年9月11日

電力大手と新電力の計42社で構成する電気事業低炭素社会協議会は11日、2016年度の二酸化炭素(CO2)排出量(速報値)が前期比2.4%減の4億3100万トンだったと発表した。原子力発電所の再稼働が進み火力発電の利用が減ったことや、太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入が増えたことが影響した。

電力大手など協議会の会員事業者42社の実績をまとめた。1キロワット時あたりのCO2排出量も、前期比2.8%減の0.51キログラムだった。

16年8月に四国電力の伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)が再稼働したことから、原子力での発電量は153億キロワット時と前期比で2.3倍だった。一方で火力は7013億キロワット時で前年比で3.1%減少した。

日本の1キロワット時あたりCO2排出量は、東日本大震災直前の10年には0.4キログラム程度だったが、震災後に高止まりしていた。同協議会は30年度には1キロワット時あたりのCO2排出量を0.37キログラムにする目標を立てている

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る