HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

銀行口座のなりすまし防止/関西電力など3社、電力データ活用実証

2019年3月8日

◆サンドボックス認定
不正アクセス検知サービスを手掛けるカウリス(東京都千代田区、島津敦好社長)と関西電力、セブン銀行の3社は6日、関電が保有する電力設備情報の一部を活用し、不正な銀行口座の開設を防止する新技術の実証を18日から開始すると発表した。セブン銀行が受け付けた口座開設申請に対し、カウリスの技術と関電の電力設備情報を組み合わせることによって、なりすましの可能性に関して確度が高いリスク情報の提供を目指す。
カウリスと関電は6日、金融と電力データを活用した分野では初めて「新技術等実証制度(規制のサンドボックス制度)」の認定を経済産業省から受けた。同制度は、新技術などを用いた事業活動を促進することを目的に創設。期間や参加者を限定することで、既存の規制に縛られずに新技術などの実証ができる。旧一般電気事業者で、同制度の認定を受けたのは関電が初めて。両社は電力設備情報を金融分野に活用するため、同制度の申請を行っていた。

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
蓄電池・太陽光・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る