HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

茨城県日立市の太陽光発電・燃料電池補助金、10月から蓄電池も対象に

2017年10月18日

茨城県日立市は、家庭向けに新エネルギー機器の導入を支援する事業において、太陽光発電システム燃料電池(エネファーム)に加えて、10月から蓄電池の設置も対象に補助金を交付する。

補助金名は「平成29年度日立市新エネルギー機器普及促進事業補助金」。対象要件は、市内に住所を有する人・その予定がある人で、補助金の交付が決定してから設置工事に着手すること(建売の場合は引き渡し)、過去に同事業などの補助金を受けていないこと、2018年3月9日までに市へ実績報告書を提出できることなど。

太陽光発電は最大3万円、エネファーム・蓄電池は1基5万円

補助対象機器は、要件を満たす住宅用太陽光発電システム(最大出力値が10kW未満)、家庭用燃料電池(エネファーム)、定置用リチウムイオン蓄電システム。ただし、定置用リチウムイオン蓄電システムは、環境共創イニシアチブ(SII)により登録されていることが条件となる。

補助金額は、住宅用太陽光発電システムが1kWあたり1万円、上限は3万円(1,000円未満の端数がある場合は切り捨て)。家庭用燃料電池(エネファーム)は1基あたり5万円(1世帯につき1基)。定置用リチウムイオン蓄電システムは1基あたり5万円(1世帯につき1基)。

申請は先着順に受け付け、予算の範囲を超えた時点で締切られる。補助金の申請手続きは、申請者・手続代行者(取扱販売店、電気店、ハウスメーカーなど)が、市環境政策課へ申請書などを持参して行う。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る