HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

自動車を電源に、トランクに収納可能な外部充電器

2017年5月27日

ニチコンはEV・FCV・PHVに搭載されている大容量の電池から電気を取り出し、交流100Vに変換する可搬型V2L(Vehicle to Load)システムを開発した。最大1.5kWのコンセント3口に対応。2017年8月からEVパワーステーション「パワー・ムーバー」として発売を開始する。

可搬性に優れたトランクケースタイプ

電子部品メーカーのニチコンは2017年4月、EV(電気自動車)・FCV(燃料電池車)・PHV(プラグインハイブリッド車)の電気を、非常用電源やアウトドアで活用する可搬型V2L(Vehicle to Load)システムを発表した。2017年8月からEVパワーステーション「パワー・ムーバー」として発売を開始するという。価格は65万円(税別)だ。

V2LシステムとはEV・FCV・PHVに搭載されている大容量の電池から電気を取り出し、交流100Vに変換する機器である。パワー・ムーバーは自動車のトランクに収納できる631×500×302mmサイズで、付属のキャスターにより持ち運びが容易となっている。

最大1.5kWのコンセント3口に対応。災害など緊急時にEC・FCV・PHVに積み込むことで、復旧までの時間を安心して過ごすことができる。またニチコンは、緊急時に限らず「野外イベントやレジャー用途での電力供給装置として使用可能」とコメントする。

対応車種はトヨタ自動車の「MIRAI」、日産自動車の「リーフ」「e-NV200」、三菱自動車のEV「i-MiEVシリーズ」「アウトランダーPHEV」などを予定。「電動自動車用充放電システムガイドライン V2L DC版」に準拠した車種に限るとしている。

なおニチコンはEV用急速充電器や、V2H(Vehicle to Home)システム「EVパワー・ステーション」も展開している。これにより、EC・FCV・PHVの普及促進を目指す。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る