HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

直流1500Vの太陽光向け、PLCストリング監視装置

2018年3月28日

住友電気工業は、直流回路1500V設計の太陽光発電所向けストリング監視装置「SMP2205」を開発し、国内外の太陽光発電所向けに受注を開始した。

同社のストリング監視装置は、電力線通信(PLC:power line communications)を採用しているのが特徴。出荷開始は7月の予定。価格はオープン。

太陽光発電所が正常に動作しているかをストリング(太陽光パネルの直列回路)ごとに監視して異常を検出する。計測ストリング数は最大20で、さまざまなストリング設定のサイトに適用できる。また、IEC(国際電気標準会議)規格に適合する予定で、IEC加盟国の太陽光発電所でも使用可能になる。

監視を行う子機とデータ収集を行う親機の間の通信にはPLC技術を採用している。敷設済みの電力線を通信に用いるため、通信線の追加敷設工事が不要でトータルコストに優れるとしている(関連記事)。

直流1500V対応のPLCストリング監視装置「SMP2205」
(出所:住友電工)
 固定価格買取制度(FIT)の買取価格の引き下げなどに伴い、システム効率の向上する直流1500V設計の太陽光発電所が増加している。従来、多数を占めていた1000V設計と比べて、1ストリングあたりのパネル枚数を増やすことで、各種部材数を減らして導入コストを削減できる効果もある。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る