海上でソーラー発電!オランダで世界初の浮体式洋上メガソーラーが建設へ | (株)成功コンサルタント
HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

海上でソーラー発電!オランダで世界初の浮体式洋上メガソーラーが建設へ

2018年2月24日

海上に浮かぶ浮体式構造物にソーラーパネルを設置する、大規模な浮体式洋上太陽光発電所が、世界で初めて、オランダに建設されることとなった。

2018年2月から始まったこの3カ年プロジェクトには、洋上再生可能エネルギー発電に強みを持つスタートアップ企業「Oceans of Energy」のほか、エネルギー研究センター(ECN)、ユトレヒト大学ら、オランダの6つの企業および研究機関が参加している。

・海上に大規模な太陽光発電所を建設

陸地面積が限られているオランダでは、大規模な太陽光発電所を建設するための敷地を確保することが難しい。

海上に太陽光発電所を建設できれば、陸上のスペースを使う必要がないのはもちろん、周囲に遮蔽物がないため、海面に降り注ぐ太陽光を最大限活用できるのが利点だ。

また、海水の冷却効果によって、ソーラーパネルの発電効率を、陸上に比べて約15%向上させることができる。

ただし、風や波といった海上の自然現象が、太陽光発電にどのような影響をもたらすのかは定かでない。

また、海水の冷却効果によって、ソーラーパネルの発電効率を、陸上に比べて約15%向上させることができる。

ただし、風や波といった海上の自然現象が、太陽光発電にどのような影響をもたらすのかは定かでない。

10メートル程度の波によって、ソーラーパネルが水面下に潜ってしまったり、多少のぐらつきが生じるのは避けられず、ソーラーパネルの角度が徐々に変わることでどのような影響があるのかについては、さらなる解明が必要だ。

ユトレヒト大学では、北海に面した南ホラント州スヘフェニンゲンから15キロメートルの海上に発電システムのプロトタイプを設置し、エネルギー生産量などの調査を実施する計画だという。

・海に囲まれた島国の日本でも導入可能!?

大規模な洋上太陽光発電所は、オランダのみならず、離島など、陸地面積が限られている他の国や地域でも、ニーズが見込まれている。

海に囲まれた島国である日本でも、再生可能エネルギーへのシフトに向けて、注目に値するプロジェクトといえるだろう。(文 松岡由希子)

 

 

 

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る