HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

活発化、農地に太陽光パネル 「農業と売電」を両立

2018年8月6日

農地に太陽光パネルを設置し、農業と発電事業を両立させる「ソーラーシェアリング」の取り組みが秋田県内で活発化している。井川町の農業法人が先月、エダマメ畑で導入したほか、県も本年度、耕作条件の不利な中山間地で事業化の可能性を探るため、秋田市雄和の転作田で実証事業を始める。県内の金融機関も支援に乗り出しており、農家の新たな収益確保策につながるのか注目される。

ソーラーシェアリングは、農業機械の使用に支障のない高さに太陽光パネルを設置し、農地への日照を確保しながら発電と栽培を両立する営農方法。農林水産省は食糧確保などの観点から、優良農地の転用を厳しく制限してきたが、2012年度末に示した特例措置によりソーラーシェアリングが可能となった。同省によると、全国の認可件数は16年度末で累計1269件。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る