HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

建築物省エネ法が一部施行

2019年11月14日

改正建築物省エネ法が11月16日に一部施行される。国土交通省と経済産業省は10月24日、合同会議を開き、建築物エネルギー消費性能基準(省エネ基準)などに関する政省令案などをとりまとめた〔写真1図1〕。〔写真1〕新省エネ基準をとりまとめ

国土交通省と経済産業省が2019年10月24日に開いた合同会議の様子(写真:日経アーキテクチュア)[画像のクリックで拡大表示]〔図1〕届け出義務制度の審査手続き合理化などを11月に施行

改正建築物省エネ法の施行を受けて定められる主な基準。共同住宅などの届け出義務制度の審査手続きを合理化するほか、戸建て住宅などの簡易な評価方法などを追加(資料:国土交通省)[画像のクリックで拡大表示]

合同会議では、19年5月に公布された改正建築物省エネ法を受け、省エネ基準の見直しについて検討してきた。国交省は合同会議での議論を踏まえた政令などの案を公表し、10月4日まで意見を公募。パブリックコメントを受けて一部を修正し、合同会議で報告した。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
蓄電池・太陽光・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る