HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

屋根上太陽光に50億円を投資、ダイキアクシスが100施設に

2018年1月17日

ダイキアクシスは1月9日、太陽光発電事業に参入すると発表した。太陽光発電システムを約100施設に設置する計画について、1月12日までに経済産業省へ固定価格買取制度(FIT)認定を申請した。全施設のFIT認定が取得できたと仮定した場合、同事業への投資額は約50億円になると試算する。

同社は「PROTECT×CHANGE」(環境を守る。未来を変える)をコーポレートスローガンに、バイオディーゼル燃料や小型風力発電装置などの再生可能エネルギー分野に取り組んでいる。今回の太陽光発電事業では、環境負荷の低減に貢献するとともに、FITの活用で売電収入の安定確保が可能と判断した。

今回申請した太陽光発電設備は、ほぼ全て屋根上太陽光発電となる。認定取得後、稼働開始までは約2年の期間が掛かると想定しており、全施設が稼働開始した場合の年間売電収入は約8億円、営業利益は約4億円となる見通し。発電容量などの事業詳細は、経産省認定取得状況が明らかとなる3月末以降に発表するとしている。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る