HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

小淵沢駅が「エコステ」化、晴天時は太陽光で全電力 [有料会員限定]

2017年5月23日

JR東日本は2017年5月18日、現在、建て替えが進められているJR中央線小淵沢駅の新駅舎について、環境保全技術を駅に導入する「エコステ」モデル駅とすると公表した。

小淵沢駅新駅舎の外観イメージパース(出所:JR東日本)
画像の拡大
小淵沢駅新駅舎の外観イメージパース(出所:JR東日本)
省エネ技術のほか、太陽光発電システムや太陽熱利用設備を導入する。新駅舎は、2017年7月3日から使用開始する予定。

小淵沢駅では、山梨県北杜市が推進する小淵沢駅周辺整備事業に伴い、駅前広場および交流スペースを併設した新駅舎を北杜市とJR東日本八王子支部が協働して建設している。鉄骨造2階建てで、延床面積は、北杜市財産(観光案内所、交流スペースなど)が約322m2(平方メートル)、JR東日本財産(駅舎、売店など)が約548m2。

駅舎とホームの灯りすべてにLED照明を採用する。太陽光発電システムと太陽熱給湯設備を導入して、駅舎内の電力消費と給湯需要を賄う。また、太陽熱給湯による温水をパネルヒーターおよび床暖房に通水する太陽熱暖房を待合室に設置する。

こうした仕組みにより、晴天日の日照時間帯における駅の消費エネルギーを100%太陽エネルギーで賄うという。

このほかにも、バリアフリー設備として、エレベーターを小海線ホームと中央線ホームに各1基ずつ整備する。駅舎のデザインは、自然豊かな周辺環境に調和するブラウン系を基調とし、外部や内部の一部に木材を活用する。

(ライター 工藤宗介)

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る