HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

将来の国民負担!? 太陽光発電 未稼働のワケとは?

2018年10月17日

電気料金の明細書に「再エネ発電賦課金」という項目があります。太陽光発電などの再生可能エネルギーは電気料金に上乗せされる形で私たちがその費用を負担しています。国民の負担は総額にすると2兆4,000億円。この負担が2030年度には3兆1,000億円にまで膨れ上がるとされています。一体なぜかというと、その理由の一つが太陽光の未稼働施設の問題です。実は今、日本国内の事業用の太陽光発電施設として認可を受けた施設のうち稼働しているのはわずか5割で残りの半分はまだ稼働していません。これが一斉に稼働すれば国民の負担も大きくなるのです。なぜ未稼働施設が多いのか取材しました。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る