HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

富山市に「ゼロエネ街区」完成、「太陽光+蓄電池+燃料電池」

2017年10月31日

富山市が推進する「ネット・ゼロ・エネルギー」を実現する環境配慮型街区「セーフ&環境スマートモデル街区」が完成し、10月25日に完成式典が開催された。富山市のPPP(官民連携)事業で、公募型プロポーザルで選ばれた大和ハウス工業が工事を手掛けた。

富山市立豊田小学校の跡地約8500m2に、宅地21区画と公共施設を建設した。宅地に建設する戸建住宅は、すべてに太陽光発電システムと家庭用Liイオン蓄電池、家庭用燃料電池コージェネレーション(熱電併給)システムを搭載した「3電池搭載住宅」となる。9棟が建売住宅、12棟が注文住宅で、現在はモデルルーム1棟が建設済み。

太陽光発電とLiイオン蓄電池を連係制御するハイブリッドシステム「POWER iE 6 HYBRID(パワーイエ・シックス・ハイブリッド)」(6.2kWh・太陽光発電システムと合わせて出力5.5kW)を全戸に設置する。太陽光発電システムとLiイオン蓄電池のパワーコンディショナー(PCS)を一体化することで、エネルギー制御を効率的に行う。PCSとLiイオン蓄電池ユニットはエリーパワー製。

公共施設は、地区センターや公民館、図書館分館の機能を持つ。また、太陽光発電とLiイオン蓄電池、天然ガスによるマイクロコージェネシステムを搭載し、非常時には地域の防災拠点となる。地区センターは10月23日から、公民館と図書館分館は10月26日から業務を開始した。

このほかにも、街区で共有する「まちの太陽光発電所」(出力11kW)は、発電した電力を住宅公園内の蓄電池に蓄え、平常時はLED防犯灯や防犯カメラに供給。災害時には非常用電力として防災備蓄倉庫や防災パーゴラに設置するコンセントから携帯電話を充電できるようにする。

住宅販売は、大和ハウス工業富山支店が担当する。宅地は平均201m2(約61坪)で、土地を含めた1戸3500万円程度になる見込み。第1期として11区画を販売開始した。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る