HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

太陽光 風力と太陽光が最も成長、2035年までに4倍増、英BPが予測

2017年2月3日

石油メジャー(国際石油資本)の英BPは1月25日、2035年までのエネルギー市場予測「BP Energy Outlook(BPエネルギー概況)」の2017年版を発表した。

世界のエネルギー需要は、年平均1.3%の割合で増え続け、2035年の時点で約30%増加すると見込む。発展途上国の成長が後押しし、グローバルの経済成長を年率3.4%と見込む。一方、エネルギー需要は、部分的に省エネルギーの急速な進展によって相殺されるため、グローバルのエネルギーの成長率は、経済成長率より大幅に低い伸び率になるとした。

技術の改善と温暖化問題への懸念が一次エネルギー需要の割合を変えつつあるが、2035年まで石油・天然ガスと石炭が主要なエネルギー源であり続けるという。

化石燃料のうちでは天然ガスが最も成長率が高いとする。特に、液化天然ガス(LNG)が、ガスの世界市場において急速に拡大し、米国のガス価格がその下支えになるとしている。石炭のグローバル消費量は、中国で石炭からよりクリーンで低炭素な燃料への転換が進むため、2020年代の中頃に頭打ちになると見込む。

再生可能エネルギーは2035年まで年平均7.6%の成長で推移し、現在のほぼ4倍まで増加、エネルギー市場において最も成長率の高いエネルギー源になるという。

再エネで伸び率の大きいのは、コスト競争力の高まる風力と太陽光で、今後20年間、中国が最も再エネの成長率が高い地域となる。中国の再エネ増加量は、欧州連合と米国の合計よりも多いと見込む(図)。

英BPが2014年に発表したエネルギー見通しでは、世界のエネルギー需要の伸びは年平均1.5%増、再エネの成長率は同6.4%増だった(関連記事)。今回の見通しでは、エネルギー需要の伸びが0.2ポイント減となった一方、再エネの伸び率は1.2ポイント増と再エネの成長が加速している。

 

「BP Energy Outlook」2017年版で示した再生可能エネルギーの見通し
左が再エネのシェア推移、右が再エネのシェア伸び率の地域別比較(出所:BP)

詳細

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る