太陽光 再生可能エネルギー由来電力は2025年に原子力を超える、英BPが予測 | (株)成功コンサルタント
HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

太陽光 再生可能エネルギー由来電力は2025年に原子力を超える、英BPが予測

2017年2月4日

英国の石油メジャー(国際石油資本)のBPは1月、2035年までのエネルギー市場予測を発表した。世界のエネルギー市場は、2020年までは年平均2%増、2035年までは年平均1.5%増で伸びていく見通し。伸び率が緩やかになるのは、中国やインドをはじめとする新興国のエネルギー利用効率の改善などによる。

再生可能エネルギーは、2035年まで年平均6.4%増で推移し、エネルギー市場において、最も成長率が高いエネルギー源になるという。

この結果、世界の発電量に占める再生可能エネルギー由来電力の比率は、現在の5%から2035年には14%に拡大する見通しである。バイオマス(生物資源)を含めた再生可能エネルギーによる発電量は、2025年に原子力による発電量を上回り、35年には水力発電に並ぶとしている。

特に、経済協力開発機構(OECD)非加盟国では、2035年までに全発電量における再生可能エネルギー由来電力の比率が45%に達すると予想している。バイオマス燃料など、再生可能エネルギーは2025年までに原子力以外の一次エネルギーのなかでも高いシェアを有することが期待される。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る