太陽光 ハンファQセルズ、面積効率を33%高めた低圧太陽光パッケージ | (株)成功コンサルタント
HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

太陽光 ハンファQセルズ、面積効率を33%高めた低圧太陽光パッケージ

2017年3月21日

ハンファQセルズジャパン(東京都港区)は3月1日、低圧連系する太陽光発電システム向けパッケージに、多段架台を採用し、用地面積当たりの設置効率を高めた新タイプを開発・販売すると発表した。

同社は、すでに低圧産業用パッケージ「Q.MAX PLUS」を販売しており、今回の多段架台タイプは、その新シリーズとなる。「Fシリーズ」の名称で販売する。

同パッケージの従来型では、同社製パネル(285W/枚)を使い、パネル216枚で設置容量61.56kWを基本としていたが、Fシリーズでは、同じ面積で288枚・82.08kWを設置できる。面積効率は33%向上することになる。

パネル構成は4段3列の配置を基本アレイ(設置単位)とし、これを南向き設置角6度で、4種類の高さの異なる多段架台で設置する。4つの架台の地面からの最高部は、1.05m、1.5m、1.95m、2.4mとなる。

各架台の前後(南北方向)の間隔(50cmを推奨)を最小化することで、アレイの影の影響をなくしつつ、太陽光パネルの設置容量を増やす。アレイ間隔を50cmにした場合、4つの架台トータルでの南北方向の長さは約18mとなる。

288枚・82.08kWを設置した場合、パワーコンディショナー(PCS)の定格出力49.5kWの低圧連系のケースで、年間予想発電量は9万100kWhとなるという。

架台は、分割式のため、自由に組み合わせて、様々な土地形状に対して柔軟にレイアウトできる。また、専用の保守用プレートにより、設置後のメンテナンス性も高めた。

低圧産業用パッケージは、太陽光パネル、パワーコンディショナー(PCS)、架台、金具、ケーブルといった機器に加え、25年の出力保証や15年のシステム保証、10年の災害補償、日照補償1年までをセットで提供する。これらをワンパッケージ化することで導入コストを低減する。設置場所に応じて野立て用の「Gシリーズ」、積雪地域用の「Sシリーズ」、折板屋根上用の「Rシリーズ」を展開している。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る