HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

太陽光関連企業の倒産、2020年度上期は前年比13.9%の増加に

2020年11月3日

帝国データバンクは2020年10月23日、2020年度上半期(2020年4~9月)の太陽光関連業者の倒産状況に関する調査データを発表した。それによると同上半期の倒産件数は41件と、前年同期(2019年度上半期)の36件から13.9%の増加となった。ただし、前期(2019年度下半期)の45件からは8.9%の減少となっている。負債額は約105億9000万円で、前年同期比4.7%増、前期比22.1%減となった。

太陽光関連企業の倒産数推移 出典:帝国データバンク

調査を開始した2006年度から2020年度上半期までの累計倒産件数は524件となった。「倒産態様別」では「破産」が494件(構成比94.3%)を占める。「負債額別」では負債5億円未満が全体の85.5%を占めたが、足元では特に負債1億円未満が増加傾向にある。「地域別」では「関東」が193件(同36.8%)、次いで「中部」の90件(同17.2%)、「近畿」の76件(同14.5%)、「九州」の72件(同13.7%)。

「業歴別」では「5~10年未満」の144件(構成比27.5%)が最も多い。次いで「30年以上」の108件(同20.6%)。10年未満で全体の43.5%を占めるが、業歴の長い企業には、従業として太陽光関連事業を手がける事例が多く、足元では「30年以上」が34.1%に上昇している。

「資本金別」では「1000万~5000万円未満」が248件(同47.3%)でトップ。「従業員別」では「10人未満」の367件(同70.0%)が最も多く、足元ではその比率が80.5%に達した

「業種別細分類」では「設備工事業」が127件(構成比24.2%)でトップ。「倒産主因」では「販売不振」が383件(同73.1%)に達した

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

蓄電池、太陽光発電、オール電化の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

ECO信頼サービス求人採用映像



業界最新ニュース!
蓄電池・太陽光・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る