HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

太陽光発電の「出力制御」トラブル 経産省が九電に改善求める

2018年11月15日

九州地方で行われた太陽光発電の一部を停止させる「出力制御」について、経済産業省が審議会を開き、システムトラブルで、本来、止める必要がなかった太陽光発電所まで停止させたことから、九州電力に改善を求めました。

経済産業省が開いた審議会には、電力に詳しい学者や九州電力、それに太陽光発電の業界団体の担当者らが出席し、今回の出力制御について検証しました。

その結果、手続きは適切に行われたと評価したものの、太陽光発電所を自動停止させるシステムで不具合が発生し、本来、止める必要がなかった太陽光発電所まで停止させたことから、システムの安定性を高めるよう九州電力に改善を求めました。

また、太陽光発電の事業者に対して、迅速に発電を停止できるように遠隔で制御できる装置の取り付けを進めることも求めました。

このほか、出力制御が行われた場合に、太陽光発電の事業者の間で不公平が出ないような仕組みを検討することを改めて確認しました。

経済産業省は今後、四国や沖縄でも出力制御が行われる可能性があるとして、今後も検証を続け具体的な対応策をまとめることにしています。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る