HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

太陽光架台専用の動風圧試験装置が稼働、奥地建産の本社工場内

2017年5月5日

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と太陽光発電協会(JPEA)、奥地建産(大阪府松原市)は4月26日、太陽光発電システムの耐風安全性に関する実証試験用として世界でも最大規模の「動風圧試験装置」を導入し、試験を開始すると発表した。2019年春にJPEAなどから公表する予定の太陽光発電システム向けの「設計ガイドライン」(2018年度改訂版)に必要なデータの収集を目的としている。

今回の試験装置は、野立ての太陽光発電設備の強風に対する耐久性能を調べるのに使う。架台に固定した太陽光パネルのアレイ(設置単位)の前後左右を壁でふさぎ、パネル下の空間を密閉した状態にしたうえで、電動のファンでパネルにかかる風圧を再現する。

ファンの最大加圧能力は±1万5000N/m2。これは、アレイ面の平均高さ3m、設置角20度、北側から風向という条件下で、平均風速約80m/秒の時の風圧に相当するという。

こうした動風圧試験装置は、国内に10台以上あるが、そのほとんどは建築物に使用されている外壁やサッシなどの耐風圧性能を把握するための試験装置という。そのため鉛直型の装置が一般的で、「今回のように水平方向に設置した構造物に対応した水平型動風圧試験装置は珍しく、世界的にも最大規模になる」(奥地建産)という。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る