HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

太陽光パネル出荷9四半期ぶり増 発電所の着工進み

2017年8月31日

太陽光発電協会は30日、4~6月の太陽光発電パネルの国内出荷量が9四半期ぶりに増加したと発表した。固定価格買い取り制度(FIT)による電力の販売価格が下落し市場の縮小が続いていたが、制度改定を前に、未稼働だった発電所で駆け込み着工が相次いだことで出荷が増えた。ただ太陽光発電を取り巻く環境は依然厳しく、市場の回復が続くかは予断を許さない。

同協会によると、パネルの国内出荷量は前年同期比7%増の126万3千キロワットだった。発電事業向けは前年同期比で11%増えた。メガソーラー(大規模太陽光発電所)向けなどが伸びたことが寄与した。

4月に改正FIT法が施行され、売電する認定を受けていながら発電しない発電所の認定が失効した。今回の法改正に合わせ発電所の稼働が進んだ影響とみられる。

太陽光発電は2012年にFITの導入後、急速に普及が進んだが、電力の販売価格は発電所などの産業向けで17年度は12年度の5割近くまで下がっている。パネルメーカーの関係者は「まだ市場環境は厳しい。底を打ったとは言えない」と話している。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る