HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

太陽光パネル上を“踏まずに”歩ける、検査やメンテに便利な作業台

2020年2月29日

ネグロス電工は「第13回 国際太陽光発電展」(「スマートエネルギーWeek2020」内、2020年2月26~28日、東京ビッグサイト)において、太陽電池モジュール上作業台「パネルウォーク」を披露した。参考価格は1組1万3300円。

太陽電池モジュール上作業台「パネルウォーク」

パネルウォークは太陽電池モジュールに保護具を取り付け、その上に足場板を載せることで、太陽電池モジュールに足を載せずに移動することができる作業台。短辺幅1000mm以下の太陽電池モジュールに対応し、使用条件はモジュール設置間隔10mm以上、アレイ面の傾斜角度10°未満となっている。最大積載量は120kg。

昨今、工場や施設などの屋根上に太陽光発電設備を設置するケースが増えている。発電量を増やすために設置可能面積の上限までモジュールを敷設するケースも多い。その際、メンテナンス時に設備中央のモジュールは、検査やメンテナンスが行いにくく、中にはモジュールを踏んでしまい、損傷させてしまうケースもあるという。パネルウォークはこうしたメンテナンス時の利便性向上に向けて開発したとしている。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

蓄電池、太陽光発電、オール電化の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

ECO信頼サービス求人採用映像



業界最新ニュース!
蓄電池・太陽光・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る