HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

太陽光と蓄電池の「仮想発電所」はもっとお得

2017年6月7日

「VPP」(バーチャルパワープラント)と呼ばれる新たな電力ビジネスが海外で広がり始めている。仮想発電所とも呼ばれ、太陽光発電や自家発電などの価値を高めるサービスとして始まった。近年、対象が蓄電池にも広がり、注目を集めている。

欧米やオーストラリアで蓄電池を使った電力貯蔵ビジネスが活気を見せている。その先端を走る企業の1つが、米カリフォルニア州に本拠を置くエネルギーベンチャーのステムだ。

設立は2009年。蓄電池のリースとエネルギーコスト削減事業で成長し、世界でもいち早く蓄電池を使うVPPを実用化した企業として知られる。2015年にカリフォルニア州で蓄電池VPPの事業化に成功したのち、この4月にはニューヨーク州でも同社の蓄電池VPP技術が採用されることに決まった。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る