HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

大分臨海工業地帯のメガソーラー、ゴルフ場跡も利用しさらに拡大

2017年11月10日

大分市東部の大分臨海工業地帯には、製鉄や石油コンビナートといった重化学産業が集積している。三井造船の大分事業所はこの一角にある。港湾で貨物の積み下ろしに使う大型クレーンの製造拠点となっている。敷地は約1.7km2と広大である。

同事業所の敷地内に、出力約17MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「三井造船・三井不動産 大分太陽光発電所」(以降、大分太陽光発電所)が稼働したのは、2013年12月のことだった。三井造船と三井不動産が共同で開発・運営している。

2014年4月に「メガソーラー探訪」に掲載した後、約3年半の間の推移を取材した(図1)。

図1●合計出力70MW弱のメガソーラーを備える
左が当初の出力約17MWのメガソーラー。中央から右に広がるゴルフ場跡を活用し、当初のメガソーラーの増設分と、新たに出力45MWのメガソーラーを設置(出所:三井造船)
[画像のクリックで拡大表示]

まず、掲載当時から、既存の「大分太陽光発電所」を増設した上、これとは別に「大分日吉原太陽光発電所」(以降、「日吉原太陽光発電所」)を新設した。いずれも、大分事業所内にあったゴルフ場である旧・日吉原カントリークラブの敷地を活用した。同ゴルフ場は2014年春に閉鎖した。

「大分太陽光発電所」は元々、太陽光パネルの設置容量は約17MW、連系するパワーコンディショナー(PCS)の定格出力は14MWだった。これに、旧・日吉原カントリークラブの敷地のうち約4万2334m2を加え、そこに太陽光パネルを1万4070枚で約3.7MW、PCSを3MW分追加して、連系量も増やした。

この増設によって、「大分太陽光発電所」は、パネルの設置容量・約21MW、連系出力・17MWとなった。

一方、新設した「日吉原太陽光発電所」は、旧・日吉原カントリークラブの敷地のうち、残りの約46万m2を使って、太陽光パネル容量・約45MW、連系出力・34MWとさらに規模の大きなメガソーラーとなった(図2)。こちらは、三井造船と伊藤忠商事、九電工による共同開発・運営となっている。

図2●新設した「日吉原太陽光発電所」
17万9536枚の太陽光パネルが並ぶ(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る