HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

大停電「ブラックアウト」でも家電、照明が使えて北海道の「寒さ」も克服できる家

2019年8月17日

2018年9月の北海道胆振東部大地震に伴うブラックアウト(全域大停電)では、道民の多くが照明や調理、冷蔵庫での食品保存、テレビやラジオでの情報収集、スマートフォンの充電などで苦労し、電気の復旧を約2日間待ちました。特に北海道民にとっては、厳冬期にこのような大停電が起きたら「住宅内でも寒さに震えることになるのではないか」と考えた方が多かったと思います。

イゼッチハウス北海道は、高気密高断熱に加え、土間コンクリートへの蓄熱、太陽光発電による創エネ、蓄電池による蓄電、冷蔵庫や炊飯器、電子レンジなど、優先度の高い家電などに重点供給する配電コントロールなどを組み合わせた「ブラックゼッチ【B・ZEH】の家」を新発売しました。モデルハウスで実際に停電時の家電使用なども体験できます。

札幌の住宅メーカー「イゼッチハウス北海道」は、従来から、新築住宅の標準仕様で、

1 省エネルギー基準を大幅に上回る断熱・気密性能で、冬でも室温低下が緩やか
2 基礎の内側にある大量の土間コンクリートに蓄熱することで、停電後も室内に熱供給が続く
3 太陽光発電で、停電時でも、日中なら照明、炊事などができる

という「停電などの災害時にも強い」家づくりを続けてきました。しかし、太陽光発電が稼働しない日没後は、電気が使えないという課題がありました。

そこで、2019年5月、新製品として、従来の仕様に加えて、
4.2kwの蓄電池と、蓄電池を住宅で使用するために必要なハイブリッドパワコン、そして蓄電池に蓄えた電力を、食品保存に欠かせない「冷蔵庫」、調理に必要な「炊飯器や電子レンジ」など、優先度の高い家電などに重点供給する配電コントロールを組み合わせた「ブラックゼッチ【B・ZEH】の家」

を新発売しました。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
蓄電池・太陽光・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る