地域の資金を集めて稼働した徳島・美馬のメガソーラーの5年 | (株)成功コンサルタント
HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

地域の資金を集めて稼働した徳島・美馬のメガソーラーの5年

2017年12月6日

美馬(みま)市は、徳島県の内陸部に位置し、山や川、平地の田畑が織り混ざった、昔ながらの田園風景が残る地域である。吉野川が流れ、県内最高峰の剣山(つるぎさん:標高1955m)も市内に位置する。

吉野川から少し離れながら、平行するように走る徳島自動車道の脇に、太陽光パネル出力1.189MW、連系出力1MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「美馬ソーラーバレイ」がある(図1)。

図1●美馬ソーラーバレイ
見事な紅葉に囲まれていた。太陽光パネル出力は1.189MW、連系出力は1MW(出所:上は日経BP、下はガイアパワー)

藤崎電機(徳島県阿南市)グループのガイアパワー(同)が主体となって開発・運営している。2012年12月に発電を開始し、約5年が経過した。

ガイアパワーが初めて開発したメガソーラーで、同社はこの後、多くの案件を開発していく(関連インタビュー)。現在、19カ所の発電所が稼動済みとなっている。

美馬のメガソーラーは、土地から資金、運営まで、地域の企業や市民が多く参加するプロジェクトとなっている。

土地は、地元の総合建設会社である、北岡組(美馬市美馬町)グループが所有する遊休地を活用した。北岡組グループは、メガソーラーの周辺で建材などの工場を運営するなど、この一帯に多くの土地を所有している。

北岡組グループは、土地を提供するとともに、ガイアパワーとともにEPC(設計・調達・施工)サービスを担った。

美馬のメガソーラーの南隣でも、北岡組グループの所有地に出力1.328MWの「美環(みかん)ソーラーバレイ」が開発されている(図2)。このメガソーラーでも、ガイアパワーは発電事業者に一部を出資するとともに、EPCサービスを担当した。

図2●南隣にある「美環ソーラーバレイ」
上は美馬のメガソーラーの展望台から撮影。4列先の下った先に見えるのが美環ソーラーバレイ。下の画像では、徳島自動車道沿いの台形状の発電所が美馬ソーラーバレイ、そこから下が美環ソーラーバレイ(出所:上は日経BP、下はガイアパワー)

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る