HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

出力600Wの新型太陽光パネル、中国トリナが2021年上半期に出荷へ

2020年10月27日

中国の大手太陽光パネルメーカーであるトリナ・ソーラーは2020年10月13日、同社の「Vertexシリーズ」の600Wおよび550Wモデルが、独テュフ ラインランド(TUV Rheinland)の太陽光電池モジュールのIEC基準の連続試験に合格し、IEC61215とIEC61730の2つの認証を取得したと発表した。

「Vertexシリーズ」の600Wモデル 出典:トリナ・ソーラー

Vertexシリーズは210mmサイズのセルを採用する両面ガラス構造の太陽光パネルで、大規模な地上設置型太陽光発電所や、産業および商業用の屋根上太陽光に適したモデル。PERC(Passivated Emitter and Rear Cell)およびマルチバスバー技術、低電圧および高ストリング出力設計を採用し、太陽光パネルの1ストリング当たりの電力量を40%以上増加させたという。

この他、ダメージレスカッティング技術、高密度実装技術も採用。両面ガラス構造は、IEC61730規格におけるクラスAの最高防火レベルを備える。短絡電流(Isc)および最大出力電力(Pmax)は、従来製品と比べて10%以上増加したとしている。なお、600W/550Wのモデルは、セルサイズが大きくモジュール電流も非常に大きくなるため、導入時はジャンクションボックスもIEC62790規格に対応したものを利用する必要がある。

市場投入時期については、550Wモデルは既に量産を開始しており、600Wモデルは2021年上半期から出荷する予定としている。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

蓄電池、太陽光発電、オール電化の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

ECO信頼サービス求人採用映像



業界最新ニュース!
蓄電池・太陽光・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る