HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

再生可能エネルギーの発電容量が10年で4倍に、国連報告書

2019年9月7日

【9月6日 AFP】ますます競争力を高める風力や太陽光といった再生可能エネルギーは、この10年間で世界の発電容量が4倍になったが、飽くなき需要のために炭素排出量も10%増加した。国連(UN)が5日、発表した。

【写真特集】もはやアート!?世界各地のソーラー

国連の再生可能エネルギーの動向に関する年次報告書によると、2009年から2019年末までの世界の再生可能エネルギーへの投資額は、太陽光パネル価格の「劇的な」下落に大きく後押しされ、2兆6000億ドル(約278兆円)に上る見込み。

 太陽光、風力、地熱、バイオマスといった再生可能エネルギーの世界の発電容量は、2009年には414ギガワットだったが、2019年には1650ギガワットに増強され、今や全発電量の12.9%を占めるまでになった。

世界の発電容量は2300ギガワット以上増強されたが、最も増強量が大きかったのは太陽光で、石炭やガスなどの化石燃料を上回った。

しかし、カーボンフリーな太陽光と風力の急伸にもかかわらず、発電による炭素排出量は増加し続け、世界の人間活動に伴う温室効果ガス排出量は2018年に過去最多を記録した。

太陽光発電による電力の価格は2009年比で81%下落し、陸上風力発電による電力も同年比で46%下落した。

報告書によると、2018年には再生可能エネルギーのおかげで、二酸化炭素排出量200億トン相当が抑制された。(c)AFP / Patrick GALEY

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

蓄電池、太陽光発電、オール電化の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

ECO信頼サービス求人採用映像



業界最新ニュース!
蓄電池・太陽光・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る