再生エネ、主力化提言へ…経産省の有識者会議 | (株)成功コンサルタント
HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

再生エネ、主力化提言へ…経産省の有識者会議

2018年4月12日

2050年までの長期的なエネルギー戦略を議論する経済産業省の有識者会議は10日、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを主力電源化することを柱とした提言案を取りまとめた。

原子力発電は「選択肢」と位置づけつつ、東京電力福島第一原発事故を踏まえ、可能な限り原発依存度を低減するとのこれまでの政府方針を堅持するとした。

 政府は地球温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定に基づき、50年までに温室効果ガスを80%削減するとの目標を掲げている。この目標の達成に向け、提言では再エネを「経済的に自立し脱炭素化した主力電源化を目指す」と明記した。再エネは発電コストが高く、現時点で採算がとれないことから、蓄電池の性能の向上といった技術開発や送電網の増強などに着手するよう求めている。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る