HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

再エネ水素と燃料電池車で発電、電力をビルに最適供給

2019年3月7日

竹中工務店が水素を充填(じゅうてん)した燃料電池自動車(FCV)から建物に電力を送るV2B実証に成功。再生可能エネルギー由来電力で製造した水素を活用し、複数のFCVからの電力供給を最適化することに成功したという。

2019年03月05日 09時00分 公開[スマートジャパン]

印刷 10 27 0

 竹中工務店は2019年2月、同社東京本店が立地する江東区新砂エリアで、エネルギーマネジメントシステムを活用し、水素を充填(じゅうてん)した燃料電池自動車(FCV)から建物に電力を送るV2B(自動車とビルの間で電力を相互供給する技術・システム)の実証を行い、複数のFCVの電力供給を最適化することに成功したと発表した。

 同社は脱炭素社会を目指し、「竹中脱炭素モデルタウン」の実現に向けた取り組みを2016年から開始。技術実証では、新砂エリアの関連建物において、さまざまなエネルギーデバイスを制御し、出力変動の大きい再生可能エネルギーを効率よく活用することを目指している。

 これまでの実証では、同社開発のクラウド型エネルギーマネジメントシステム「I.SEM」を活用し、太陽電池(PV)や定置型蓄電池、ガス発電機、電気自動車(EV)、水素製造装置、燃料電池などを目的に合わせ最適に制御してきた I.SEMは建物の電力負荷を予測し、設備機器の最適運転を計画してエネルギーコスト削減への寄与を目指したシステムだ。

 今回の実証は、再生可能エネルギーの電力で製造した水素をFCVに充填し、FCVからの電力を建物の電源に活用することを目的に実施。敷地内の水素ステーションで、水素を充填したFCV2台を「MSEG」(発電機、蓄電池、PVなど複数のエネルギーデバイスを直流で統合したパッケージシステム)につなぎ、FCVで発電した電力をI.SEMで任意に指示された建物に供給した。また、停電時を想定し、系統から切り離された避難所想定の建物にMSEG経由でFCV2台とPVだけで電力を送ることに成功した。これにより、PVやガス発電機などと同様にFCVの電力を日常的なデマンド制御に活用すると共に、停電時にBCP拠点となる避難施設などに電力を供給することが可能になる。

実証実験のイメージ 出典:竹中工務店

 今後も、竹中工務店は、脱炭素社会に向けた次世代エネルギーマネジメントのさまざまな実証を継続する計画。なお、新砂の実証施設は見学施設としても活用し、建築主をはじめ、関係の省庁や自治体に幅広く提案し、新たなオープンイノベーションを呼び込む。

 具体的なまちづくりプロジェクトに対しては、自治体やデベロッパーに向けて水素ステーションを地域のエネルギーステーションとして活用する全体構想を示し、避難所となる施設にMSEGを活用したV2Bシステムを提案するなど、同社のエネルギーソリューションを幅広く展開する計画だ。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
蓄電池・太陽光・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る