HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

リチウム電池、蓄電2倍に 豊橋技科大、赤リンを活用

2018年5月21日

写真

 豊橋技術科学大(豊橋市)の研究グループが、リチウムイオン電池の電極に、マッチなどに使われている赤リンを活用することで、蓄電量を大幅に増やすことに成功した。

 グループの中心である同大電気・電子情報工学系の東城友都助教は「電気自動車(EV)にも応用できそう。大容量電池への需要は高まっており、早期の実用化を目指したい」と話している。

 グループは、従来電極として使われている黒鉛に比べ、赤リンが理論上は七倍の蓄電が可能な点に着目。赤リンは電極として使われると崩壊しやすい性質があるが、筒状の極小炭素繊維「カーボンナノチューブ(CNT)」で包み込む手法を使い、耐久性を持たせた。

 さらに、赤リンを入れたCNTの表面に小さな穴を形成。この穴を通じて(電子を運ぶ)リチウムイオンの移動を促進させ、充放電性能を高めることにも成功した。この結果、蓄電量は七倍には届かないものの、黒鉛の場合の二倍に達した。研究成果をまとめた論文は、米国電気化学会誌に掲載された。

 (五十幡将之)

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る