パナソニック、太陽光パネル事業を海外で強化 販売比率9割に 平成31年度以降 | (株)成功コンサルタント
HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

パナソニック、太陽光パネル事業を海外で強化 販売比率9割に 平成31年度以降

2017年7月9日

パナソニックが太陽光パネル事業の国内外販売比率を平成31年度以降、海外を9割まで引き上げる方針を固めたことが分かった。27年度は海外比率は1割で、国内が9割を占めており、逆転させる。太陽電池の出荷数が年々減少する国内事業を縮小し、需要の高い欧米やアジア、中東などの海外展開を加速する。

太陽電池などを扱うパナソニック社内分社「エコソリューションズ社」(大阪府門真市)の品田正弘副社長が産経新聞の取材で明らかにした。品田副社長は、国内外の太陽光パネル事業の最高責任者。

近年、再生可能エネルギーでつくった電力を優遇する制度の見直しなどで、太陽光発電設備への投資意欲は減退。国内の市場が縮小したことで、パナソニックの太陽光パネル事業の営業利益は29年3月期連結決算で赤字に転落した。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る