HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

パッケージ化で“割安”に、17種類から選べる太陽光向け遠隔監視

2017年7月6日

太陽光発電関連の計測機器販売を手掛けるラプラス・システム(京都市)は、「PVJapan2017」(2017年7月5〜7日、パシフィコ横浜)に出展し、遠隔監視システム「L・eye(エルアイ)」シリーズを展示した。これまで低圧向けにしか用意していなかったパッケージサービスを、高圧・特高向けにも広げ、2017年7月中に販売を開始する予定だ。

L・eyeシリーズは2017年4月時点で、合計2万2000件、システム容量では5GW(ギガワット)の導入実績がある。50kW未満の低圧から特高・高圧まで、幅広い規模の太陽光発電所に対応する。計測機器がPCSと直接通信し、PCSごとの発電量や稼働状況をリアルタイムに把握するのが特徴だ。また、60社以上のパワーコンディショナーに対応できるというシステムの柔軟性も大きな強みとしている。

これまで低圧の発電所向けには、さまざまな計測器や表示システム、通信回線、サポートメニューなどをパッケージ化した商品を展開していたが、高圧向けのものはなかった。今回、高圧向けのパッケージを追加し、さらに価格設定の見直しを行うことで、割安感を訴求する。具体的には、これまではPCSの台数で基本価格を決めていたが、今後は発電所の容量別による価格設定とした。低圧と高圧向けに、容量別に合計17種類のパッケージを用意している。

パッケージの基本構成は、計測機器、ストリング計測器や日射・気温計などの現地計測機器、遠隔監視・表示システム、通信回線、現地表示画面、サポートの5つ。サービス内容やオプションによって、価格と構成が変わる。なお、後付けでの導入も可能だ。

2017年4月から施行された改正FIT法で、発電事業者は出力制御要請への協力が必須となった。同社の遠隔監視システムは、電力会社による出力制御にも対応する。現時点で国内外15社の出力制御機能付きPCSに対応しているという。

 

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る