ニチコン、太陽電池とEV/PHVと蓄電池をつなぐ次世代蓄電システムを開発 | (株)成功コンサルタント
HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

ニチコン、太陽電池とEV/PHVと蓄電池をつなぐ次世代蓄電システムを開発

2017年10月3日

太陽電池とEV/PHVと蓄電池をつなぐ次世代蓄電システム

ニチコン株式会社は9月25日、太陽電池とEV/PHVの電池と蓄電池をつなぐ全く新しい次世代蓄電システム、「トライブリッド蓄電システム」を開発したと発表した。

同社は、家庭用蓄電システムを2012年から販売してきているほか、EV関連では、2009年に三菱自動車工業株式会社製i-MiEVに量産EV第一号となる車載用充電器を供給、2012年には世界初のV2Hシステムを開発・市場導入し、EVと家庭をつなぐことを可能にしている。

同社が開発した蓄電システムは、太陽電池とEV/PHVの電池と蓄電池を効率よく連携させ、太陽電池で発電した電力を家庭で蓄えて使用するだけでなく、EV走行など種々のシーンに合わせて活用でき、エネルギーの自給自足を目指すほか、需給最適化にも貢献するものという。

そして、3つの電池をDCリンクする高効率なシステムで蓄電池とEVの電池間も電力移動が可能で、EVが不在の時にも太陽電池からの電力を蓄電池に蓄えておき、EVが戻った時に蓄電池からEVに充電することになる。

幕張メッセで開催の「CEATEC JAPAN 2017」に出展

また、万一の停電時も蓄電池とEVの大容量電池の両方からバックアップでき、より大きな安心を得ることができる。さらに、ユーザーのライフステージ変化に応じ、太陽電池の増設、蓄電池の増設、V2Hスタンドの追加接続等のシステムアップが可能という。

同社では、このシステムにより家庭もクルマも太陽光発電で賄える究極の自給自足が可能となり、EVの普及を促進させ、より良い地球環境の実現に大きく寄与できるものと期待されるとしている。

なお、同システムの開発コンセプト品を、10月3日から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2017」に出展するとのこと。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る