インドネシア商業施設に太陽光、CO2減 伊藤忠など | (株)成功コンサルタント
HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

インドネシア商業施設に太陽光、CO2減 伊藤忠など

2017年9月3日

伊藤忠商事イオンモールのインドネシア現地子会社AEON MALL INDONESIAは、インドネシアにおける二国間クレジット制度(JCM)に参画し、インドネシアに新しく出店する「イオンモールジャカルタガーデンシティ」の屋根に太陽光発電設備と蓄電池を設置することで二酸化炭素の排出削減を目指す。2017年8月30日に発表した。

太陽光パネルはパナソニック製で、発電規模は507kW。発電した電力は店舗の照明設備に供給する。また、昼間の余剰電力は、蓄電池に充電して夜間に使用する。余剰電力の有効活用によって、年間で約550tの二酸化炭素排出削減を見込む。イオンモールジャカルタガーデンシティは9月30日にグランドオープンの予定。

イオンモールジャカルタガーデンシティ屋根に設置した太陽光発電設備(出所:伊藤忠商事)

イオンモールジャカルタガーデンシティ屋根に設置した太陽光発電設備(出所:伊藤忠商事)

パナソニック製の太陽光パネルを採用した(出所:伊藤忠商事)

パナソニック製の太陽光パネルを採用した(出所:伊藤忠商事)

 

JCMは、日本が推進するカーボン・オフセットの枠組みで、途上国へ温室効果ガス排出削減のための技術や製品、サービスを提供することで、削減量の一部を日本の削減分としてカウントする仕組み。2017年1月時点で17カ国と二国間文書に署名しており、他の途上国についてもさまざまな場を活用して協議を進めている。

JCMにおける商業施設への太陽光発電システムの導入は、これまでにタイの大型スーパーマーケットへの27MWの屋根置き太陽光発電の導入(2016年度採択、シャープ)や、カンボジアの大型ショッピングモールへの1MWの太陽光発電と高効率チラーの導入(2016年度採択、イオンモール)などの例がある。

(ライター 工藤宗介)

[日経テクノロジーオンライン 2017年9月1日掲載]

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る