HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

イオン/大阪市と藤井寺市に「再生可能エネルギー100%使用店」

2020年3月24日

イオンは3月24日、「イオンスタイル海老江」(大阪市福島区)、「イオン藤井寺ショッピングセンター」(大阪府藤井寺市)において、同社では初めて、使用電力の100%を再生可能エネルギーで賄う店舗としての運営を開始すると発表した。

<神奈川と大阪に「再生可能エネルギー100%使用」店>
神奈川と大阪に「再生可能エネルギー100%使用」店

イオンは、2018年3月に「イオン 脱炭素ビジョン2050」を策定し、2050年までに店舗で排出するCO2などを総量でゼロにすることを目指している。日本の大手小売企業として初めて、国際社会全体で再生可能エネルギーへの転換を目指す国際イニシアティブ「RE100」に参画している。

今回の2施設では、新たな省エネルギーの取り組みを行うことに加え、「イオン藤井寺SC」ではPPAモデル導入により太陽光発電電力を自家消費する。太陽光発電で不足する電力は、関西電力の「再エネECOプラン」により再生可能エネルギーを調達する。

PPAモデルとは「Power Purchase Agreement(電力販売契約)モデル」の略で、PPA事業者が電力需要家の敷地、屋根などを借り太陽光発電システムを設置し、そこで発電した電力を需要家に販売する事業モデル。

<屋上に設置した太陽光発電設備>
屋上に設置した太陽光発電設備

「イオン藤井寺SC」では、屋上に設置した太陽光発電設備により、一般家庭の年間約30世帯分の使用量に相当するクリーンな電力を発電。この電力を、施設の使用電力の一部とすることで、再生可能エネルギー活用の拡大に取り組む。

また、「オープンネットワークシステム」も導入。イオンの施設管理を担うイオンディライトは、施設運営に必要な設備機器類を統合管理するオープンネットワークシステム(ビルオートメーション)により、施設内・外を問わず各種設備の遠隔制御を行う。

設備管理員・清掃員・警備員による細やかで効率的な運用に加え、各種設備データの収集・解析を通じて、さらなる省エネルギー化を進めているという。

「イオンスタイル海老江」でも、「再エネECOプラン」により再生可能エネルギーを調達。実質的に再生可能エネルギー由来のCO2フリーの電気を使うことができ、「地球温暖化対策の推進に関する法律」(温対法)の「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」において、使用する電気の全部または一部を、CO2排出係数をゼロとしてCO2排出量(調整後)を算定することができる。

<人流等のデータとAIを活用した空調エネルギー削減システム>
人流等のデータとAIを活用した空調エネルギー削減システム

イオンリテール、関西電力、オプテージ、神戸大学、日建設計総合研究所は、「人流等のデータとAIを活用した空調エネルギー削減システム」の実証実験も実施。スーパーマーケットでは世界初となる同実験に取り組む。

施設内に温度計などのセンサを設置して、人流・動線・温湿度・CO2濃度などのセンシングデータを収集・蓄積し、AIを活用してスマート空調制御及び先端的なサービスの提供を実施するもの。

スマート空調制御では、(1)外気の導入/遮断、(2)空気の再利用、(3)人の粗密による風向・風量制御に関して、AIを活用した最適な空調自動制御を実施し、その省エネ効果を実証する。

さらに、先端的なサービスとして、安全・安心な店舗、待ち行列の解消、高度なマーケティングに資するソリューションを提供し、その実効性の検証も行う。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

蓄電池、太陽光発電、オール電化の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

ECO信頼サービス求人採用映像



業界最新ニュース!
蓄電池・太陽光・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る